VBA-Audioケーブルのダウンロード/インストール方法


RSP受信機+SDRunoソフトから他のデジタルモードソフトウェアにオーディオを出力する為には、
色々なバーチャルオーディオケーブルが使用されています。本項では、VBA-Audioという
バーチャルケーブルのダウンロード方法と、インストール方法を説明します。

下記URLよりダウンロードしてください。(多少スクロールダウンして、下記画面にしてください。)

http://www.vb-audio.com/Cable/index.htm#DownloadCable


「Download」をクリックすると、VBCABL_Driver_Pack43.zip というファイルがダウンロードされます。

ダウンロードしたzipファイルは、一時的にどこかのフォルダーに展開します。
展開したフォルダー中に、実行ファイルがありますので、使用しているPCの種類に合わせて実行してください。
●VBACABLE_Setup.exe - 32bit Windows PC用
●VBACABLE_Setup_x64.exe - 64bit Windows PC用

Windowsの管理者モードで実行すると下記の画面が表示されます。「Install」をクリックしてインストールを開始し、
表示に従ってインストールを完了してください。完了後、PCを再起動する必要があります。

VB Audio Cable の設定方法
Windowsのサウンドプロパティー(ツールバーのスピーカーマークを右クリックをし、「録音」
デバイスを選択後、 録音タブから CABLE Outputを選択し、ダブルクリックします。

以下の画面が開きますので、詳細タブを選択して、「2チャンネル、16ビット、48000Hz (DVDの音質)
を選択して「OK」ボタンをクリックします。



次に、Windowsのサウンドプロパティー(ツールバーのスピーカーマークを右クリックをし、「再生」
デバイスを選択後、 再生タブから VB-Audio Virtual Cableを選択し、ダブルクリックします。




以下の画面が開きますので、詳細タブを選択して、「2チャンネル、16ビット、48000Hz (DVDの音質)
を選択して「OK」ボタンをクリックします。




これで、SDRuno側からWSJT-X、WSPR等のデジタルソフトへオーディオを供給する準備が完了しました。


なお、2本以上のVBAケーブルを使用される場合は、有償バージョンがありますので、後2つ、VBAを
インストールすることが可能です。
詳しくは、下記URL中ほど右に「Donate」ボタンがありますので、そちらから購入(寄付)されてください。
http://www.vb-audio.com/Cable/index.htm#DownloadCable

===END===